目の疲れは放置しないで解消しよう|瞳が潤う

夫婦

積極的に飲むと良いもの

青汁

ケールは、ビタミンEやビタミンA、食物繊維が豊富に含まれているため、美肌や老化防止、抗酸化作用が期待できます。ですので、日頃から摂取することが、美容にも健康にも役に立つと考えられます。このようなことから、ケールを含む青汁を飲むことがおすすめです。

詳しく見る

野菜や果物を使った飲み物

女の人

スムージーとは冷凍した果物や野菜をジューサーなどで攪拌して作るシャーベット状の飲み物です。ビタミン類が豊富でダイエットや美容にとても良い飲み物ですがイモ類や豆類や根菜類などはスムージーには向いていません。

詳しく見る

現代人の多くが抱える悩み

眼精疲労

パソコンやスマホの普及で

パソコンやインターネットが一般にも浸透した頃から目の疲れに悩む方が増えました。そして、ここ数年ではスマートフォンが普及したこともあって、誰でも目の疲れを抱えるようになり、いろいろな解消法も紹介されています。パソコンやスマートフォンによる目の疲れはブルーライトが大きな原因で、目に浴びると活性酸素を発生させて網膜の細胞に悪影響を与えるといわれています。そこで、優れた抗酸化作用を持つアントシアニンを多く含むブルーベリーを毎日の生活に取り入れることで活性酸素から目を守り、同時に目の疲れを解消する効果も期待できます。ブルーベリーをそのまま食べても効果がありますが、慢性的な目の疲れを解消したい場合は毎日食べる必要がありますので、サプリメントを利用した方が簡単です。

目の健康を守るためにも

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、ブルーライトによる目の疲れを解消するだけではなく、いろいろな面から目の健康を守る効果があります。網膜の細胞を守るだけではなく、血流量を増やす働きもあり、それにより視神経に良い影響を与えることが可能なので緑内障の予防にもなります。また、水晶体の酸化も防いでくれるので、にごりによる白内障の予防も期待できます。ブルーベリーの他に、カシスもアントシアニンが多く含まれているので目の疲れの解消に良い食品です。そして、アントシアニンの他にもビタミンやミネラルが豊富に含まれているので体全体の健康にも良いのですが、ブルーベリーと比較すると価格が高いです。そのため、慢性的な目の疲れの解消を目的とする場合はブルーベリーの方がリーズナブルで長く続けやすいです。

旬の野菜や粉末タイプ

女性

グリーンスムージーを作るうえで大きなポイントは、生の葉野菜を入れることです。生の葉野菜には、ビタミン類や繊維質が豊富に含まれています。そして、季節によって旬の野菜を取り入れてみましょう。またミキサーを使う手間を省きたいのであれば、粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめです。

詳しく見る